中古物件をリノベーションする際に注意するべきこと

中古物件をリノベーションで素敵なマイホームにするには

>

中古マンションをリノベーション

リノベーション、マンション編

これまでは戸建てをイメージして中古物件のリノベーションをご紹介してきましたが、マンションの場合もありますよね。メリットとしては、戸建てを探すより圧倒的に物件数が多いので、選択肢は増えます。
そして、年月が経ち、マンションの価値が下がっても、リノベーションしていればその部屋の資産価値はそこまで下がりません。
つまり売ることになっても大きな損が生じないとも言えます。
デメリットとしては、マンションは戸建てと違ってリノベーションの自由度が低いことです。柱や壁を大きく壊せるのはやはり戸建てだから。
その分、思い切った間取り変更!というとなかなか難しいかもしれません。
そして当然、こちらも戸建て同様住宅ローンではなくリフォームローンの扱いになることが多いので、金利は住宅ローンに比べると高くなります。

知ると知らないでは大違い!家を買うこと

憧れのマイホームを手に入れるにあたり、理想と希望は膨らむものですが、実際マジメに考えてみれば見るほど、全部を実現できることは叶わないのだなという現実にぶちあたります。
(体験談)予算との兼ね合い…という現実に。ですが、そのマイホームに「中古物件をリノベーション」というような選択肢があれば、新築で考えていたころには削らなければならない希望も少なくて済むかもしれません。
そしてリノベーションするにあたり、建築基準法の改正や、リフォームローンのことなど事前に知っていれば、その分手前で話し合えることもたくさんあります。
知っていると知らないでは大違い。家という大きな買い物です。様々な情報を知り、その情報をうまく使って、快適で素敵な世界に一つだけのリノベーションホームにしませんか。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる