中古物件をリノベーションする際に注意するべきこと

中古物件をリノベーションで素敵なマイホームにするには

>

中古物件とリノベーションと、お金

かかるお金について考えてみよう

中古物件をリノベーションすることのメリットといえば、予算が安くおさまること、が上位に上がります。新築物件よりはかなり安値で家を買い、その家を自分好みに作り替えるのに予算が安いとは何て素敵なんでしょう。
しかしそれにもいくつか注意点があります。まず、築年数が古すぎると余計に費用がかかること。考えてみればわかることですが築年数が50年の物件があるとして、今建った家とは建築基準法も違えば設備も時代が違いますし、何より老朽化している部分が多いはずですよね。
それを今現代に使えるように補修するわけなので、ある意味新築を作るよりも手がかかる可能性もあるわけです。
また、リノベーションは住宅ローンではなく、リフォームローンの扱いになることが多いのでその場合は金利も高くなります。
そして違法物件だとそもそもローンが組めません。
お金の問題なので、事前に調べることと、話し合いが重要になります。

物件を選び、予算もさだまったら…

耐震性、構造、ローンにするのかしないのか、違法建築ではないか、そういったことをふまえ、希望にあう中古物件とそれにかけられるリノベーションの予算が決まったら、信頼できる不動産屋さん、工務店さんなどと綿密にイメージを相談しながら、家づくり、開始です。
ここで必要なのは各担当者の方にとにかくしつこいくらい希望を伝えること。
イメージが共有できなくて思った家にならないのは中古物件のリノベーションに限ったことではありませんが、遠慮は禁物。そういう意味で話をじっくり聞いてくださる担当さんに出会えるといいですね。
いざ工事が始まってわかることとして、解体しないと見えなかった破損などがあります。壁をはがしてみると、中の配水管が壊れていたり、天井をはがすと水漏れしていたり、など。その場合も補修費がかかってくるのであらかじめ工務店さんにそういった場合の対応を聞いておくといいでしょう。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる